スーパーストライク

Top製品情報テクノロジーヒストリーショップクラブ



●出逢いを増やすために
  4つの希望−1
  4つの希望−2
  4つの希望−3
  4つの希望−4



バスとの出逢いを増やすために私たちが選んだ答え、それは、

「マグネシウム・オ フセットグリップ」




ストレートなグリップでバスフィッシングを始めた若手のバサーにはおそらく分からないとは思いますが、私たちのバスフィッシングは総べてオフセットグリップから始まったのです。

当時は各社個性的なグリップでバスフィッシングを楽しんでいる時代でもありました。その頃に慣れ親しんだ私たちの手は、今でもしっかりとその感触を覚えていて、特にリールの位置が低くセットできるオフセットグリップは、サミングの際に親指を目一杯開かなくても十分なゆとりがあり、手自体への負担が少ない分キャスティングにも集中できたように思います。

その日本のバスフィッシング創世紀とも言える頃に、スミスが挑んだバスロッド「スーパーストライク」に選んだのが「チャングリ」こと、チャンピオングリップだったのです。
このオフセットグリップを選んだことにより、キャスティングの正確さが飛躍的にのび、特にバスが多くつく障害物目掛けてのキャスティングでは驚くほどの威力を発揮したのです。

その頃はバスの数も大変少なく、ここぞと思ったポイントに寸分違わぬキャストをしなければ、バスに触ることさえ不可能でした。だから、その頃のバサーはこぞってアキュラシーキャストを広場や道端で練習したものでした。

バスフィッシングに最も必要とされたキャストの正確さ、それを可能にさせるベイトリールの存在、そしてそのリールを最も勝手良く使えるのがオフセットグリップだったのです。
このようにベイトリールとオフセットグリップは互いに密接な関係に有り、その全てはキャスティングがしやすいという一点でつながっているのです。

今日を見るとそれを裏付けるように、ストレートグリップでの便いやすさを考慮し、リール自体がロッドに対し低くセットできるように設計されたリールが出現することになったのです。このことからしても、サミング時、親指に負担を与えないことがいかに重要かが問われているのだと思います。

バスフィッシングの好きな私たちが作ったグリップは、単にオフセットグリップが全てというのではなく、さらなる希望を求め様々な可能性を広げるための改良がなされていますので、是非、お試しください。
次へ
(C) Copyright, 2008 SMITH LTD. All rights reserved.